花粉症に鍼治療が有効!
☆花粉症とは

スギやヒノキなどの花粉に対するアレルギーによって、鼻や目などに症状が現れたものだ
ということはよく知られています。そしてアレルギーとは体に備わっている免疫が必要以
上に過敏な形で現れたもので、スギなどの異物(抗原)を見つけると、ヒスタミンなどの
化学物質を出しクシャミや鼻水などの症状を起こします。

しかしこれといった特効薬はみつかっていないのが現実で、抗アレルギー剤を飲んで予
防し、症状が出たら抗ヒスタミン剤を飲むというのが現実の治療の一番オーソドックスな
方法でしょう。
これらの薬はいくら飲んでもその場の症状を抑えるだけで、薬によっては眠くなったり、
常用すると効かなくなったりという副作用もあります。
 
そこで当院は、鍼治療で鼻腔内の交感神経と副交感神経のバランス
を調整し、鼻粘膜の毛細血管の機能を回復させ、分泌物が減少し症
状を消失させる方法を開発し効果をあげています。
 
☆報告によると
52人中、治癒17人、著効19人、好転15人、無効1人。好転以上の有効率は96%以上

平均して治療8日目でクシャミが消失し、9日目で鼻からの分泌物が消失 あるいは減少、10日目で鼻粘膜の蒼白腫脹状態がピンク色に変わります。
◎方法は1日1回両頬の付近に置鍼し10回を1クールとします。